読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

karesen-info

枯れ専・渋専情報まとめました

たのしみ!!「いとしのおじいちゃん映画 12人の萌える老俳優たち」



こんばんは、しらふじです。

近々こんな素晴らしい本が発売されることを知りました。

いとしのおじいちゃん映画 12人の萌える老俳優たち (立東舎)

いとしのおじいちゃん映画 12人の萌える老俳優たち (立東舎)

 

しらふじ「うわああああああ、あああああ、わああああ!ポチィッ!!!(amazon!!!)」

思考停止で速攻購入。
だって表紙がイアン・マッケランだもの。間違いないもの。
今から楽しみで楽しみでたまりません。
ラインナップをご覧になりましたか?

 

【目次】
まえがき
1 イアン・マッケラン
2 アンソニー・ホプキンス
3 ジャック・ニコルソン
【コラム】今後に期待のおじいちゃん
4 モーガン・フリーマン
5 マイケル・ケイン
6 テレンス・スタンプ
【コラム】素敵なおじいちゃんの見つけ方
7 クリストファー・ウォーケン
8 ショーン・コネリー
9 クリント・イーストウッド
【コラム】まだまだ紹介したいおじいちゃん
10 トミー・リー・ジョーンズ
11 ロバート・デ・ニーロ
12 クリストファー・リー
あとがき

 
おいおいまじかよー!!(歓喜
しかもガンダルフに始まり、サルマンに終わる…!


著者のナイトウミノワ様のブログにこの本の出版までの経緯が記されていました。

『いとしのおじいちゃん映画 12人の萌える老俳優たち』発売決定しました | 映画感想 * FRAGILE

そしてまた、こんなブログに辿り着いたのです。

senior-movie.mdma.boo.jp

やばい、やばいぞ、こんな素晴らしいものがあったのか…どうして知らなかったんだ…

まさにずっと求めていたものを発見し、嬉しい悲鳴をあげるとともに、「枯れ専・渋専情報まとめ」の運営にもっと工夫が必要なのでは、と考えました。
特に「枯紳士名鑑」、このままでいいのか。
50代のキャラクターや映画以外のキャラクターも扱うこと、ネタバレはできるだけしないこと、などの違いはあるけれど、せっかくだからもっと違う方向から枯れ専を応援できるようなものにしたい。

そもそも枯紳士名鑑は好きなタイプのキャラクターを見つけやすくなるように、と書き始めたものでした。
その割には今のままだとカテゴリも大きすぎるし、検索がとてもしにくい状態。

そこでナイトウミノワ様と編集者様のやりとりからヒントをお借りして、当アカウントはデータベース要素を高める方向で進めて行こうかと思います。
ちょっとまだ試行錯誤中でどこまでそれらしいものにしあがるかわかりませんが、しばらく枯紳士名鑑の記事はお休みして、ホームページを改修したいと思います。

進捗報告のブログなどは書くかもしれないですが、その際もTwitterにお知らせしていきますのであわせてよろしくお願いいたします。

twitter.com



ではまた。

【枯紳士名鑑】マックスウェル・パーキンズ


【枯紳士名鑑】とは

映画、漫画などから枯れ具合にかかわらず50歳以上のキャラクターをピックアップ。
おおまかなプロフィールと「健康」「頑固」「お茶目」「善」「特別項目」からなるグラフで、好きなタイプのキャラクターを探す際の参考となれば幸いです。



こんばんは、しらふじです。
たまにはタイムリーなひとで…

 

いやぁ、「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」観てきました。
最高です。
ネタバレなしでどこまでお届けできるかわかりませんがとにかく良かった、ということはお伝えさせていただきたいと思います。
ちなみに予告編はちょっと全貌を見せすぎでは…というかんじだったので見ない方がいいかも?

【名前】

マックスウェル・パーキンズ
【年齢】
1884年生まれ
トマス・ウルフの2作目「Of Time and the River」が出版された頃51歳
【職業】
小説の編集者
【眼鏡】
なし、と思ったんですがパンフレットに黒縁眼鏡かけてる写真があって混乱…
少なくともほとんどかけていないと思います
【髪】
眠ってるとき以外は常に帽子をかぶっている癖があるためあまりよく見えないけど
勤め人らしいきっちりとした髪型
【体型】
パーキンズ本人身長は推定180cm前後(ヘミングウェイ比較)
【俳優】
コリン・ファース!!!!
【恋愛】
ダンス教室で知り合った当時女優志望のルイーズと結婚。5人の娘を設ける。


では、グラフです。

健康、頑固、お茶目、善、そして各キャラクターの特別項目を10点満点でつけていきます。

健康:9

特に健康面で不安は感じません。あれだけの残業にも耐えられる体、非常にタフだと言えるでしょう。ただし、だいぶ喫煙量は多そう…。

頑固:7

決して頭が固いというわけではないと思いますが、とにかく意志が固い。誰が何を言っても自分の正しいと信じることを曲げない。そりゃそうですよね、編集者さんってときに強く進言する姿勢が必要そう…。でもそういう自分の選択が本当に正しかったのかという振り返りは忘れない。素敵です。

お茶目:8

ユーモアがあってトマス・ウルフとの上質な会話のやりとりにくすっときたりきゅんとしたりします。笑顔がかわいすぎて死にそう。真面目な表情とのギャップがたまりません。

善:8
完全なる仕事人間故に苦しむことも苦しめることも多く、それも仕事のためなら仕方ないと思っているところがあります。傑作のためなら冷酷にもなろうという覚悟がある、しかし優しさと男気に溢れています。

ブロマンス:10

ブロマンス1000000%です。ブロマンス好きの皆さんはぜひ劇場へ!!!
全ては愛ですよね。
トマス・ウルフとだけでなくフィッツジェラルドともそうだし、ヘミングウェイはまた少し違う距離感で接していてそれぞれの違いもおもしろかったです。

・・・

コリン・ファースジュード・ロウの良さはもう言わずもがな、といったところなんですが、女性たちにも注目したいですね。それぞれ違うタイプの女性が出てくるんですが、それぞれのキャラクターに共感する部分があったりして、映画としてとても楽しめる1本でした。

音楽や照明、色使いにもご注目ください。

では、おやすみなさい。

【アンケート】枯れ専女子と枯れ専女子が抱える卒業という問題について②

こんにちは、しらふじです。
前回に引き続き、「卒業」がテーマです。

このテーマをひとつひとつ考えていくと、「枯れ専ってなんなのか」ということを本質的につきつめていかなくてはならなくなって、いつも自分の中で迷宮入りしてしまうんですけど、きっと枯れ専たちひとりひとりに違う考えがある大切なテーマなので、枯れ専の物語にはぜひ大きな柱として据えてほしい、そのきっかけになれば、という思いで挙げてみました。

いやぁしかし今回のブログを書くにあたって、アンケートを実施させていただいたりして、そういった中でいろいろ見聞きして思ったのは、やっぱり枯れ専・渋専って言ってもそれぞれだからどういう方向性で書くかむずかしいよね、っていう…すごく今更な話なんですけど笑

普段はできるだけ幅広く扱おうとしてるんですが、「卒業」のテーマでは枯れ専の中でも、年齢差があることに多少なりともこだわってしまうひとをメインに書いていきたいと思います。「年上の男の人」というものに対する憧れ、期待のあるひとたちですね。

前回の「卒業」は、枯れ専女子が年齢を重ねることで枯紳士たちと年の差がなくなっていき、最終的には追いついて、少なくとも第三者から見たとき「枯れ専」といえなくなった状態のことでした。(卒業①)
また、その状態になるころまで、自分が枯れ専でいるのかどうかという疑問について触れました。

 

karesen-info.hatenablog.com

 


でもこの卒業は、なんだか心の準備ができないままにやってきてしまった状態に思えて、何か他にもっと良い移行はないのかなと思いました。
そこでアンケートです。

 

Q.枯紳士と恋人、夫婦になったとき、その後も枯れ専でいつづけることができると思いますか?
・できると思う、そうであってほしい
 84%
・できないと思う、そのほうがいい
 11%
・(現在枯紳士と交際中の方)もともと枯れ専ではない
 5%
(最終投票結果 37票)

 

憧れは、離れているからこそ抱けるものといえると思いますが、じゃあその距離をつめたらどうなるの?という疑問からとってみたアンケートでした。
ちょっと回答の選択肢をどうするか難しかったんですけど、この偏り方を見るともしかしてあまりうまくいってないですかね笑

例えば「娚の一生」は「もともと枯れ専ではないひとでも楽しめるように」という狙いだと思うんですけど、主人公は枯れ専というわけではありません。実際に枯紳士と付き合うところまでいくのってそういうケースの方が多いのかな?ということで3番目の選択肢も置いてみました。
このアンケートが枯れ専以外の方の目にどの程度とまった上でのこのパーセンテージなのかわからないのでしまったなぁという感じなんですが、とはいえ少なくともそういうケースも実際あるんだな、と再認識。

今回のアンケート結果を受けて一番印象的だったのは「枯れ専自身は特に卒業したいとは思ってないっぽい」ということですね。

枯紳士と実際に付き合って、お互いをよく知って、憧れや漠然とした期待を抱くんじゃなくて、普通の恋愛に移行していく、というのが今回イメージした卒業でした。(卒業②)
普通の恋愛に移行した結果、まぁ別れてしまうこともあったり、違う視点で好きになったりしてある種卒業できるんじゃないかなと。

「人生万歳!」とかはそんなかんじだったかな。ちょっと違うかな。
 

人生万歳!                          [DVD]

人生万歳!                          [DVD]

 

 

もしくは「PARIS」 

PARIS-パリ- (通常版) [DVD]

PARIS-パリ- (通常版) [DVD]

 

 

でもアンケート結果を見て確かにそんな簡単じゃないよね、と思いました。もちろん「できる派」の皆さんがどういう想いで投票したかはわからないんですけど、でも一人の人間として魅力のあるひと、まるでコリンファースみたいな枯紳士とパートナーになれたとして、素敵だな、いいな、と思って毎日過ごせたら、やっぱりなかなか憧れの状態から抜け出せないってなるかもしれないし、抜け出したいのかもどんどんわからなくなるかもしれないな、と。
むずかしいですね。

枯れ専を長く続けてるとどうしても寂しい出来事にも遭遇せざるを得なくて、何か気持ちの整理をつけられないだろうかとか思ったりもするんですが、けっきょくはもう焦らずに、時間が解決してくれるのを待つしかなかったりもします。
枯れ専女子たちのそういう時間を埋められるようなコンテンツを紹介していけたらなと思います。
そして少しずつどう整理したらいいか考える余裕が出てきたら、一緒に考えることができたら嬉しいです。

「ある天文学者の恋文」、もう皆さんご覧になりましたか?恥ずかしながら私はまだです。元気のあるときにゆっくり観たいと思います。


ある天文学者の恋文 予告編

 

http://gaga.ne.jp/tenmongakusha/

 

ではまた!

【雑記】枯れ専女子と枯れ専女子が抱える卒業という問題について①

こんにちは、しらふじです。
今日は少し、枯れ専女子と切り離せない疑問、問題について考えてみたいと思います。

当ブログにおいて「枯れ専」というのは、だいたい50歳以上の男性に強い興味関心憧れを抱く女性のことという幅広い定義で扱わせていただいています。
この定義において様々な議論や反発、共感があると思いますが、たいていは男性のタイプについてのことが多いです。
「本当に枯れているか」や「50歳以上だけなのか」などなど、愛があるだけにそれぞれこだわりがあり、「枯れ」というニュアンスから受ける男性像について、つきつめて考えるのがまた楽しみでもあります。

でも今日はそんな枯れ専女子の側のお話。

・20歳の女性が50歳の男性が好きだと「枯れ専」と言われる。
⇒そうだと思います。
・30歳の女性が50歳の男性が好きだと「枯れ専」と言われる。
実写化もされ話題になった枯れ専漫画もその組み合わせでしたし、あると思います。
・40歳の女性が50歳の男性が好きだと「枯れ専」と言われる。
そろそろあやしくなってきましたか?
 でも男性側の年齢をあげたらどうでしょう。
・40歳の女性が60歳の男性が好きだと「枯れ専」と言われる。
うんうん言われるんじゃないかな。

でもこれをずっと繰り返していって
・70歳の女性が90歳の男性が好きだと「枯れ専」と言われる。
どうですか、どうでしょう

枯れ専って永遠に続けられるのかなとふと考えることがあります。
きっと今憧れる枯紳士たちの年齢に自分がなったら、また違う景色に見えてきて、続けられなくなっていくんじゃないかなと。

今日言いたいのはですね、枯れ専って必ずいつか卒業する、とかそういうことではないんです。
そういう不安にも似た疑問を描いてくれている作品が見たいなぁ、みたいなことが言いたいだけなんです。
既にいろいろとあると思うんですけど、でも「当然卒業するもの」というスタンスの作品が多いような気がするんですね。
もう少し、周囲の大人の目線じゃなくて枯れ専女子からの目線で改めて考えてくれる作品があったらいいな、と思います。
もしこんなのあるよ!と知っている方がいらしたら教えてくださると嬉しいです。
 

長閑の庭(1) (KC KISS)

長閑の庭(1) (KC KISS)

 

 
最近読んだ中だとこちらの作品はかなりそれに近いかもしれません。
もうじき新刊の4巻が出るそうで楽しみです。

では、また。

【枯紳士名鑑】ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア


【枯紳士名鑑】とは

映画、漫画などから枯れ具合にかかわらず50歳以上のキャラクターをピックアップ。
おおまかなプロフィールと「健康」「頑固」「お茶目」「善」「特別項目」からなるグラフで、好きなタイプのキャラクターを探す際の参考となれば幸いです。



こんばんは、しらふじです。

twitterで目に留まったつよそう(小並)な枯紳士、調べたらあのアニメの登場人物ということで、慌てて追いかけて最終話まで観ました。

いわゆるリゼロです。
原作は読んでなくて恐縮なんですが、ともかくアニメ見た感想としては「エヴァ世代後期くらいのひとを懐かしさで殴ったりくすぐったりするアニメ」というかんじでしょうか。
もうちょっと先まで見ていかないと物語の個性にまで辿り着かないような気がして、最終回は名残惜しさがありました。
過去に戻ってやり直す系でいうとエンドレスエイトという地獄がありますけど…笑
単純に「繰り返す」ということのつらさを伝えつつ飽きさせないというのはとても難しいと思うんですが、個人的にはちょうどいい加減だったなと感じました。

ヴィルヘルム・ヴァン・アストレアはかつて剣鬼と呼ばれた最強クラスの剣士。
まさかの主役回もあるおいしいキャラクターです。

CHARACTER|TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』オフィシャルサイト

【名前】
ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア
【年齢】
61歳 誕生日は5月7日
【職業】
カルステン公爵家当主、王選候補者クルシュ・カルステンに仕えている
普段は御者?
【眼鏡】
なし
【髪】
真っ白な白髪を黒いリボンで束ねている
恐らくリボンをほどくとセミロングくらいの長さ
青年期はこげ茶色
【体型】
剣士らしいがっしりとした体格。つよそう。
身長178センチ。体重60キロ台後半。
【声優】
堀内賢雄
【恋愛】
後述のとおりの愛妻家、最高オブ最高

では、グラフです。
健康、頑固、お茶目、善、そして各キャラクターの特別項目を10点満点でつけていきます。

f:id:karesen_info:20160923012322j:plain

健康:9
剣士だけあって見るからに頑丈そうです。むしろ絶頂期より頑丈そう。
若い頃はもっと細身ですもんね。
かといって元気はつらつ!ってかんじではない気がするので9。

頑固:5
昔8で年取って丸くなって5、みたいな印象です。たぶん奥さんが影響してる!萌え!!!

お茶目:5
本人が大真面目なのでお茶目に分類するのもどうかと思いますけど、女の子口説くことにかけてはチャラさ極まる主人公がたじろくほどの惚気を真顔で繰り出してくるあたり、「かわいいぞ、お茶目さんめ☆」ってかんじです。
いいぞもっとやれ。

善:8
若い頃ちょい悪っぽいかんじだけど「あ、これツンデレだ!!知ってる!!」っていう結論に達したのでつまり(?)とても善なるひとなんだと思います。

愛妻家:10
愛妻家です。愛妻家なのか嫁バカなのかもうよくわからないです。そしてたぶん奥さんも旦那バカなので「はぁ最高だな」と思います。
ちなみに奥さんの話をするときは「妻」って言ってます。
「家内」じゃないところが剣聖だった奥さんに対する敬意のように感じられてぐっときます。


・・・

いやぁ愛妻家キャラって大好きだなぁ。
街中にあふれかえってくれ。


では、おやすみなさい。

【枯紳士名鑑】監察課課長オウル


【枯紳士名鑑】とは

映画、漫画などから枯れ具合にかかわらず50歳以上のキャラクターをピックアップ。
おおまかなプロフィールと「健康」「頑固」「お茶目」「善」「特別項目」からなるグラフで、好きなタイプのキャラクターを探す際の参考となれば幸いです。



こんばんは、しらふじです。

2017年1月…、あれがアニメ化するとか…!

一気に読んでしまいました…、せめてアニメ放映直前までとっとけばよかった!続き気になる!
でもオノナツメさん公式アカウントの1日1キャラクターの魅力に勝てませんでした…。

今日ご紹介するオウルさんとは別のひとですが、このパスティスもまた…!貴族…!


リストランテ・パラディーゾオノ・ナツメさんによる粋な漫画「ACCA13区監察課」です。
wikiではジャンルがファンタジーになってるんですが、これは完全に架空の世界が舞台だから、ということでしょうか?
特に今のところ魔法などは出てきてないですが、13の個性と自治の許された区からなる大国、ドーワー王国という架空の国の物語です。

リスパラのファンにはたまらない色っぽい枯紳士、大量発生です。クーッ!!!
しかしまだまだ物語は中盤、といった様子でみんな謎に包まれた部分が多い…。
もしかするとこの人も今後大変な重要人物になるかもしれませんが、今は出てくるたびにほのぼのきゅんきゅん癒されるこの方を本日はピックアップ。

【名前】
オウル
【年齢】
50歳くらい?
【職業】
ドーワー王国の警察・消防・医療・交通などを統括しているACCAという組織の監察課課長
【眼鏡】
今のところなし
【髪】
きれいなクリーム色の髪をふんわりした真ん中分けにしている
なんかフィギュアにしやすそうな髪質感
【体型】

華奢に見えるけどおやつが好きみたいなので意外とそこまででもない可能性あるかも
【声優】
公式サイトにはまだ記載なし…だれなのだれなの!
【恋愛】
恋愛じゃないかもしれないけど、主人公のピュアかわいい妹ロッタちゃんとのやりとりが最高です。
ふたりがお茶してるシーンを…!どうか最初から最後まで観させてくれ…!!


では、グラフです。
健康、頑固、お茶目、善、そして各キャラクターの特別項目を10点満点でつけていきます。

f:id:karesen_info:20160911003911j:plain

健康:5
繊細そう。乗り物酔いしやすいので監察課副課長である主人公に出張の仕事を全て任せています。
人ごみにも酔いやすくて胸を手で押さえる仕草、かわいい。かわいい。


頑固:1
ぜんぜん頑固なところはないですね。自由な部下たちを縛るようなことは一切ありません。

強いていうなら10時と15時に課のみんなでおやつを食べるんですが、オウルさんはみんなからちょっと離れた自分の席で優雅に食べます。そして時間はきっかり守る。そういうとこが頑な?線引きがきっちりしてる?といえなくもない?

お茶目:7
特に冗談を言ったりするわけじゃないんですが、お菓子が好きでまつげが長くてなんかもう超かわいい。クリーム色のひげで口元は見えないんだけど、そこにはきっといつも微かな笑みがあるんじゃないかと思わせる雰囲気があります。

善:9
9、とかいって後でラスボスとかとして出てきたらどうしよう笑

この後でもネタバレにならない程度に書きたいと思いますがほんとヒーロー、ほんと素敵。

ヒーロー感:10
5巻、最高でした。もうほんとこれ、ほんとこれにつきる。「あ、これヒーローだ」ってなるやつ。少女漫画?ってなるやつ。はーもうかっこよかったよおおお。
優雅に紅茶を嗜む口髭が綺麗なクリーム色のお菓子が好きで言葉遣いが穏やかで人ごみに酔っちゃう紳士に救い出されたいよおおおはああああ

・・・


ACCA13区監察課、他にも魅力的なキャラクターざくざくです。
もうオノ・ナツメさんですもんね、色っぽいおじさまのパレード。感謝永遠に。
アニメ化楽しみです。

では、おやすみなさい。

【雑記】あったらいいなこんな枯れ専コンテンツ

こんばんは。しらふじです。
たまには雑談のようなものを。

以前twitterで「枯れ専漫画って大学教授さすがに多すぎでは?」という話をしました。
もちろん大学教授、だいすきなので嬉しい悲鳴でもあるんですけどね。
でもせっかく枯紳士には最低でも50年という月日がベースにあって、50年あったら色んな人生を歩んだ可能性があると思うんです。
色んな枯紳士、見たいよね!見たいんです!もっとわんさか増えないかな!!笑

制服の王子様(オジサマ)という女性向け恋愛ゲームがあって、攻略対象が幼馴染をのぞいて45歳~60歳という大変ありがたいゲームなんですが…笑
そのキャラクターたちの職業が以下の通り。

バーテンダー
・警察官(交番勤務)
・医者(内科?)
・サラリーマン(印刷会社デザイン室室長)
・軍人(陸軍中佐)
・大学教授(社会調査学)
(参考:制服のオジサマ

わかる、わかります、というラインナップ。
ここに一人増えるならどんな仕事がいいかなぁと考えてみました。

このゲームは「制服」という縛りがあって、スーツも制服に含まれるというルールなんですが、
スーツはサラリーマン、大学教授で既に二人いるので今回は除外するとして…。

神主!!!!

f:id:karesen_info:20160903191539p:plain



神主増えないかな!!!
コスプレ要素強いし、覚えること多いから頭よさそうだし、色々と複雑な事情に悩まされてそうだし…!!!!

白と水色とロマンスグレー…(うっとり)

お正月の巫女のバイトあるじゃないですか。
あれで知り合うとか。
でも周りの目が気になっちゃうけどね!神社の常連さん(?)みたいなひととかに険しい顔されそう(イメージ)
まぁ枯れ専やってるとそこはもう誰が相手でも付きまとう問題ですね。
せっかく物語っていうことで、愛や機転やなにかで乗り越えていただいて。

どうですか、どうでしょう。

では、また次週!