読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

karesen-info

枯れ専・渋専情報まとめました

【アンケート】枯れ専女子と枯れ専女子が抱える卒業という問題について②

こんにちは、しらふじです。
前回に引き続き、「卒業」がテーマです。

このテーマをひとつひとつ考えていくと、「枯れ専ってなんなのか」ということを本質的につきつめていかなくてはならなくなって、いつも自分の中で迷宮入りしてしまうんですけど、きっと枯れ専たちひとりひとりに違う考えがある大切なテーマなので、枯れ専の物語にはぜひ大きな柱として据えてほしい、そのきっかけになれば、という思いで挙げてみました。

いやぁしかし今回のブログを書くにあたって、アンケートを実施させていただいたりして、そういった中でいろいろ見聞きして思ったのは、やっぱり枯れ専・渋専って言ってもそれぞれだからどういう方向性で書くかむずかしいよね、っていう…すごく今更な話なんですけど笑

普段はできるだけ幅広く扱おうとしてるんですが、「卒業」のテーマでは枯れ専の中でも、年齢差があることに多少なりともこだわってしまうひとをメインに書いていきたいと思います。「年上の男の人」というものに対する憧れ、期待のあるひとたちですね。

前回の「卒業」は、枯れ専女子が年齢を重ねることで枯紳士たちと年の差がなくなっていき、最終的には追いついて、少なくとも第三者から見たとき「枯れ専」といえなくなった状態のことでした。(卒業①)
また、その状態になるころまで、自分が枯れ専でいるのかどうかという疑問について触れました。

 

karesen-info.hatenablog.com

 


でもこの卒業は、なんだか心の準備ができないままにやってきてしまった状態に思えて、何か他にもっと良い移行はないのかなと思いました。
そこでアンケートです。

 

Q.枯紳士と恋人、夫婦になったとき、その後も枯れ専でいつづけることができると思いますか?
・できると思う、そうであってほしい
 84%
・できないと思う、そのほうがいい
 11%
・(現在枯紳士と交際中の方)もともと枯れ専ではない
 5%
(最終投票結果 37票)

 

憧れは、離れているからこそ抱けるものといえると思いますが、じゃあその距離をつめたらどうなるの?という疑問からとってみたアンケートでした。
ちょっと回答の選択肢をどうするか難しかったんですけど、この偏り方を見るともしかしてあまりうまくいってないですかね笑

例えば「娚の一生」は「もともと枯れ専ではないひとでも楽しめるように」という狙いだと思うんですけど、主人公は枯れ専というわけではありません。実際に枯紳士と付き合うところまでいくのってそういうケースの方が多いのかな?ということで3番目の選択肢も置いてみました。
このアンケートが枯れ専以外の方の目にどの程度とまった上でのこのパーセンテージなのかわからないのでしまったなぁという感じなんですが、とはいえ少なくともそういうケースも実際あるんだな、と再認識。

今回のアンケート結果を受けて一番印象的だったのは「枯れ専自身は特に卒業したいとは思ってないっぽい」ということですね。

枯紳士と実際に付き合って、お互いをよく知って、憧れや漠然とした期待を抱くんじゃなくて、普通の恋愛に移行していく、というのが今回イメージした卒業でした。(卒業②)
普通の恋愛に移行した結果、まぁ別れてしまうこともあったり、違う視点で好きになったりしてある種卒業できるんじゃないかなと。

「人生万歳!」とかはそんなかんじだったかな。ちょっと違うかな。
 

人生万歳!                          [DVD]

人生万歳!                          [DVD]

 

 

もしくは「PARIS」 

PARIS-パリ- (通常版) [DVD]

PARIS-パリ- (通常版) [DVD]

 

 

でもアンケート結果を見て確かにそんな簡単じゃないよね、と思いました。もちろん「できる派」の皆さんがどういう想いで投票したかはわからないんですけど、でも一人の人間として魅力のあるひと、まるでコリンファースみたいな枯紳士とパートナーになれたとして、素敵だな、いいな、と思って毎日過ごせたら、やっぱりなかなか憧れの状態から抜け出せないってなるかもしれないし、抜け出したいのかもどんどんわからなくなるかもしれないな、と。
むずかしいですね。

枯れ専を長く続けてるとどうしても寂しい出来事にも遭遇せざるを得なくて、何か気持ちの整理をつけられないだろうかとか思ったりもするんですが、けっきょくはもう焦らずに、時間が解決してくれるのを待つしかなかったりもします。
枯れ専女子たちのそういう時間を埋められるようなコンテンツを紹介していけたらなと思います。
そして少しずつどう整理したらいいか考える余裕が出てきたら、一緒に考えることができたら嬉しいです。

「ある天文学者の恋文」、もう皆さんご覧になりましたか?恥ずかしながら私はまだです。元気のあるときにゆっくり観たいと思います。


ある天文学者の恋文 予告編

 

http://gaga.ne.jp/tenmongakusha/

 

ではまた!