karesen-info

枯れ専・渋専情報まとめました

【枯紳士名鑑】マックスウェル・パーキンズ


【枯紳士名鑑】とは

映画、漫画などから枯れ具合にかかわらず50歳以上のキャラクターをピックアップ。
おおまかなプロフィールと「健康」「頑固」「お茶目」「善」「特別項目」からなるグラフで、好きなタイプのキャラクターを探す際の参考となれば幸いです。



こんばんは、しらふじです。
たまにはタイムリーなひとで…

 

いやぁ、「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」観てきました。
最高です。
ネタバレなしでどこまでお届けできるかわかりませんがとにかく良かった、ということはお伝えさせていただきたいと思います。
ちなみに予告編はちょっと全貌を見せすぎでは…というかんじだったので見ない方がいいかも?

【名前】

マックスウェル・パーキンズ
【年齢】
1884年生まれ
トマス・ウルフの2作目「Of Time and the River」が出版された頃51歳
【職業】
小説の編集者
【眼鏡】
なし、と思ったんですがパンフレットに黒縁眼鏡かけてる写真があって混乱…
少なくともほとんどかけていないと思います
【髪】
眠ってるとき以外は常に帽子をかぶっている癖があるためあまりよく見えないけど
勤め人らしいきっちりとした髪型
【体型】
パーキンズ本人身長は推定180cm前後(ヘミングウェイ比較)
【俳優】
コリン・ファース!!!!
【恋愛】
ダンス教室で知り合った当時女優志望のルイーズと結婚。5人の娘を設ける。


では、グラフです。

健康、頑固、お茶目、善、そして各キャラクターの特別項目を10点満点でつけていきます。

健康:9

特に健康面で不安は感じません。あれだけの残業にも耐えられる体、非常にタフだと言えるでしょう。ただし、だいぶ喫煙量は多そう…。

頑固:7

決して頭が固いというわけではないと思いますが、とにかく意志が固い。誰が何を言っても自分の正しいと信じることを曲げない。そりゃそうですよね、編集者さんってときに強く進言する姿勢が必要そう…。でもそういう自分の選択が本当に正しかったのかという振り返りは忘れない。素敵です。

お茶目:8

ユーモアがあってトマス・ウルフとの上質な会話のやりとりにくすっときたりきゅんとしたりします。笑顔がかわいすぎて死にそう。真面目な表情とのギャップがたまりません。

善:8
完全なる仕事人間故に苦しむことも苦しめることも多く、それも仕事のためなら仕方ないと思っているところがあります。傑作のためなら冷酷にもなろうという覚悟がある、しかし優しさと男気に溢れています。

ブロマンス:10

ブロマンス1000000%です。ブロマンス好きの皆さんはぜひ劇場へ!!!
全ては愛ですよね。
トマス・ウルフとだけでなくフィッツジェラルドともそうだし、ヘミングウェイはまた少し違う距離感で接していてそれぞれの違いもおもしろかったです。

・・・

コリン・ファースジュード・ロウの良さはもう言わずもがな、といったところなんですが、女性たちにも注目したいですね。それぞれ違うタイプの女性が出てくるんですが、それぞれのキャラクターに共感する部分があったりして、映画としてとても楽しめる1本でした。

音楽や照明、色使いにもご注目ください。

では、おやすみなさい。